ホーム> 施工の流れ

施工の流れ

1.タフグリーンを設置します

路盤が完了したら、製品を設置します。
大型車の場合には、路盤はコンクリートかアスファルトが理想です。
既存のアスファルト舗装の上にも設置できます。

2.井桁を組みます

製品の設置が完了しました。
井桁に組んでいくだけですので、あまり手間がかかりません。
雨水が停滞しないように、側溝側に穴を開け水を逃がすようにしています。

3.専用の客土または透水力・保水力に優れた土を投入します

土の投入です。土は専用の客土がお勧めですが、透水力・保水力に優れたものを使用してください。
ダンプトラックやタイヤシャベルで投入が可能です。

4.投入した土をならします

一度、いっぱいまで土を敷均します。

5.水で沈下させ井桁の下部に土が入るように注水します

井桁構造であり、製品の間隔が10㎝程度ですので機械による転圧ができません。
よって水で沈下させ、井桁の下部に土が入るように注水します。

6.再度、土をならします

注水して沈下したら、再度天端まで土を敷均します。

7.ならし終えました

客土の敷均しが完了しました。

8.芝を9cm程度の幅にカットします

目的の芝を概ね9㎝程度の幅にカットします。

9.芝を土の上に並べます

カットした芝を並べて行きます。

10.ローラーで転圧します

芝を並べ終わったら、ローラにて転圧します。芝は製品の高さまで沈み込みます。

11.目土をかけます

ローラーの転圧後、目土をかけます。

12.散水し完成です

目土をかけ終わり、散水したら完成です。化成肥料を散布し、芝の育成を促します。
設置初期には、十分に散水するようにしてくだい。

  • 完成の直後から車両の進入が可能です。

  • 完成後、概ね1ヶ月が経過した状況です。毎日駐車をしていますが、芝の変色などはありません。

  • 路盤:コンクリート 路盤:砕石